このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックカード・JCB THE CLASS専用のPREMIUM LEONが届いたゾ!

premium-leon-jcb-the-class

JCBのゴールドカードとかJCBゴールド ザ・プレミアを持ってると、毎月「THE GOLD」という会員専用の情報誌が届くんですが、JCBのブラックカードことJCB THE CLASSを持っていると、たまに「PREMIUM LEON」という雑誌が送られてきます。

LEONという名前でお察しいただけると思いますが、岸田一郎編集長のもとちょいワルおやじで一世風靡したファッション誌「LEON」の発行元である主婦と生活社の雑誌です。

くまよむはLEONを手にとったことがないので、内容的な比較がまったくできないんですけども、ノーマルのLEONがそもそもハイブランドのファッション誌だということは容易に想像できるんで、PREMIUM LEONはさらにその上を行く感じになっているんでしょう、きっと。。。

んで、今月号の特集は高級腕時計です。ジュネーブサロンバーゼルワールドの新作腕時計の取材レポートを中心に、高級腕時計の紹介がなされています。

くまよむは高級腕時計にまったく興味がないんで、世界の奇獣珍獣の図鑑を眺めるような感じでパラパラとページをめくっておったんですけども、世の中には恐ろしく高額な腕時計があるんですね。

こいつぁ、やべぇや!と思ったのが、ハリー・ウィンストンイストワール・ドゥ・トゥールビヨン5という腕時計で、なんと!7545万円のお値段がつけられておりました。限定20本しか作らないらしく、つーことは世の中にはこれを手に入れちゃうツワモノが20人もいるってことなんですね。マジパねーっす。。。

トゥールビヨンという機構の名前はヘンテコリンなので以前から知っておりましたが、どうやらこの構造を採用している腕時計は軒並み高いようでして、2000万円とか3000万円のものが普通に存在しています。

トゥールビヨンの時計は置いといて、くまよむが個人的にいい感じだなと思ったのはブルガリの「オクト・ソロテンポ」という腕時計です。カッチリしたフォルムで小振りという点にハートを鷲掴みされそうな勢いです。お値段は78万5000円ですが、トゥールビヨンと比べると驚くほど良心的な価格に思えてきますね。

というわけで、プレミアム・レオンの2014年7月号を簡単に紹介してみました。高級腕時計好きにはたまらない内容になっていると思うので、入手できる方はぜひ読んでみてください!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る