このエントリーをはてなブックマークに追加

プロブロガーになるために釣り情報を見抜くスキルを学んでみた

IMGP0413

釣りというのは、いわゆる魚釣りの方ではございません。撒き餌をして狙った獲物を釣り上げる魚釣りがごとく、ユーザーを惑わす文章を書いて関心を引く行為のことを「釣り」といいます。ネットにはいろんな情報が転がっていて信ぴょう性はそれぞれなんですが、なかには巧妙な小説のように推敲に推敲を経た、力作の釣り記事なんかもあるようです。なんで、そんな面倒なことをしでかすんだろうと、いつも不思議に思ってたんですが、そのへんを詳しく解説してくれる本があったので、さっそく読んでみました。

2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い/Hagex 著

本書では釣り師の動機、手口、事例を細かくみながら、釣り師の全容を解明していくスタイルです。釣り記事だと疑われるテキストをぶつ切りにして、それがどういった目的で配置されているのかを分析し、記事の根底に流れる釣り師の潜在意識すらも読み取ろうという試みも行われ、まるで2時間ドラマでよく見る犯罪捜査のプロファイリングみたいで実に生々しいです。

くまよむはGunosy&SmartNewsをメインに使い、各種ニュースソースをよく読んだりします。2chのまとめサイトにもよくアクセスします。この本を読み進めば進むほど、これまで読んできたニュースの中に実は釣り記事がそこそこの数ふくまれていたんジャマイカと思い返されます。

最後の章では著者のHagexさんが実在する釣り師さんにインタビューを行っています。このへんを読んでいると、釣り師は釣り師でけっこう苦労と努力を積み重ねているんだな~というのが分かります。くまよむ的にはなぜそのスキルを表舞台で発揮させないんだろうと疑問に思いますが、釣り師さんには釣り師さんなりの事情があるのでしょう。

釣り記事には大作の小説にも匹敵するものもあるようでして、取材をし、仕込みをし、執筆を行っていくわけで、並のモチベーションでは心が折れてしまいそうですが、プロの釣り師さんはそれをやってのけます。ホントにタフじゃなければできない行為です。

この本は釣りという行為に対して正面から向き合い、全ページをそれに割いた稀有な専門書です。本書を読めば、釣りの世界で生きる住人の文化や習慣を学ぶことができ、また、釣り記事の見抜き方を体得できると思います。

くまよむはプロブロガーを目指している最中でして、ブログの執筆時は多くの記事を参考にして書いています。そんな時に、釣り記事の情報を華麗にスルーするスキルはけっこう重要で、それについては本書を読むことで十分に身につけられたと思います。くまよむと同じように嘘を嘘だと見抜く技術を学びたい人はぜひ読んでみてください。


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る