このエントリーをはてなブックマークに追加

シャチハタがハンコの概念を応用した新しい知育玩具「エポンテ」を作ったゾ

shachihata-eponte

シャチハタといえば、愛知県のはんこメーカーっていうイメージなんですが、Xスタンパーの普及率っていったらハンパなくて、いろんなところでポンポン押されています。簡易的な印鑑としては不動の地位を築いしまった感のあるシャチハタなんですが、はんこの可能性を無限大に広げるべく、ハンコの概念を応用した新しい知育玩具を作った模様です。

知育スタンプ エポンテ

知育スタンプ エポンテ
引用元:Amazon.co.jp

「エポンテ」は、発達心理学のこれらの考えにのっとり、手があまり発達していない3才~5才の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発しました。「エポンテ」の種類は、3色の重ね合わせで豊かな色彩感覚を育む「カラースタンプ」、3つの形を組み合わせて造形的センスを向上させる「カタチスタンプ」、7つの形を組み合わせて形作ることで発想力や論理数学的センスを育てる「パズルスタンプ」の3種類です。

はんこを押すだけで遊べるわけなので、特に説明書なんかいらなさそうです。手にとったフィーリングでどんどん遊びの要素を拡大していけばよい作りになっています。

個人的におもしろそうだなーと思ったのは、たまごっぽい形になっている「カラースタンプ」です。黄色と青を混ぜると、緑色ができるということが知られていますが、そういう色の変化をスタンプで再現できるようになっています。色の三原色みたいなことがスタンプだけで楽しめるのはとっても画期的だと思います。

もうひとつおもしろいなと思ったのが、「カタチスタンプ」ですね。単なるマル・サンカク・シカクのスタンプかと思いきや、驚く無かれなんと!力を入れると、変形するようになっています。なので、力の入れ具合によって、オリジナリティーあふれる形状のスタンプができてしまうというわけです。これは遊びの幅がめちゃくちゃ広がりそうです。

最後の「パズルスタンプ」はソリッド感たっぷりで、組み合わせの妙でいろいろな形を組み合わせて、記号的に形状を作り込むことができるようになっています。

ちょー楽しいスタンプが勢揃いしているエポンテなんですが、よくよく考えてみると、これで遊んでいたら、あっという間に手も服も汚れちゃいます。ですが心配する事なかれ!なんと!スタンプで使用するインクは食用なので、手についても安全ですし、万が一!口に入っても大事に至ることはありません。しかも!この食用インクは服に付着しても、落ちやすいとのこと。やんちゃして、あちこち汚しまくってもなんとかなりそうなのが嬉しい限りです。

なお、ちょっと気になるのがお値段です。エポンテはスタンプごとにセットになっていて、セットは「カラースタンプ」・「カタチスタンプ」・「パズルスタンプ」の三種類です。1セットあたり税抜き3700円でして、スタンプの割にはそれなりにお値段です。3DSのゲームが1本買えちゃうくらいですね。が!他では味わえない遊びができる知育玩具だと思うので、少し奮発して購入してみてもよいかとは思います。親子で一緒にあそべるのもポイント高いですよね。

というわけで、エポンテを紹介してみました。少しづつ年末が近づきつつありますが、クリスマスプレゼントにはちょうどいいと思うので、ぜひご購入をご検討くださいまし!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る