このエントリーをはてなブックマークに追加

シダトレンでの舌下癌感作療法をやってみたゾ。毎日の投与を管理するアプリもあるのだね

kahun

来年の春の花粉シーズンにむけて、舌下減感作療法のシダトレンで治療すべく10月初旬からアレルギー科に通っていたのですが、アレルギー検査の結果、スギ花粉に対するアレルギーがビンビンにあるってことで、晴れてめでたく舌下減感作療法が受けられることになりました。

というわけで、クリニックに通い始めて3回めの診察でようやく、シダトレンをゲッツしました。

シダトレン
画像のシダトレンは初めて服用してから7日目までのものです。2週目に入ると、別のパッケージになっていて、濃度の濃いものが入っています。

シダトレンのスプレーボトル
中に入ってるのがコレ。スプレータイプのボトルです。スプレー部分とボトルは最初分離しているので、装着して使います。

使い方としては舌を上げて、舌の下に直接あたるようにして、プシュッと一発!んで、舌を下ろして、2分間ひたすら唾液をためるようにして、シダトレンの薬液が吸収されるのをじっと待ちます。2分が経過したら、飲み込んでおしまいです。

味は苦いとかそういうものではないので、くまよむ的には特にキツくはなかったです。毎日やっても苦痛にはならないでしょうね。

なお、スプレーの量は治療開始日から時間が経過する毎に増加させるようになってまして、1日目と2日目は1プッシュ、3日目と4日目は2プッシュ、5日目は3プッシュ、6日目と7日目は4プッシュです。超メンドくさいっす。

んで、2週間目は濃度の濃いボトルに変えて、プッシュの頻度は前の週にやった間隔で増やしていきます。3週目以降は使い切りのタイプになるようなので、これだとプッシュの回数が関係なくなるので、プッシュ回数の煩わしさはそれまでの辛抱です。

なお、プッシュ回数の管理がめんどくせーという方にはアプリで管理する方法がありまして、これが超絶便利です。

SLITサポート(スギ花粉症)

SLITサポート(スギ花粉症)
引用元:鳥居薬品
このアプリを使うと、毎日のプッシュ数がカレンダーを使って、すごく簡単に管理できるようになります。なぜかってーと、シダトレンの開発元である鳥居薬品の名前でリリースされているアプリだから。シダトレンを普及させるために、いろいろがんばっているんですな~。

けっこう便利なのが、シダトレンを服用した後の2分間をタイマーで管理する機能です。これを使うと、ちゃんと時間を計測できますし、しかも!その間、遊べるミニゲームまで用意されているます。試しに、金魚すくいのゲームで遊んでみましたが、シンプルながらもけっこうハマってしまいました。気付いたら、2分以上遊んでました。

というわけで、シダトレンの紹介でした。経過報告は引き続き行っていきます~!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る