このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ワールドって知ってる?小樽港で世界一高級な船を激写!

the-world

ザ・ワールドっていうと、ド庶民のくまよむはディオ・ブランドーのスタンドとか、愛川欽也さんの「なるほど!ザ・ワールド」しか思いつかないんですけど、ちょいと前に北海道の小樽を訪れた際にとんでもない船「ザ・ワールド」に遭遇してしまいました。

ザ・ワールド/THE WORLD

ザ・ワールド/THE WORLD
この写真とアイキャッチの画像は小樽を観光で訪問した際に、小樽運河をクルーズして港まで出てきたところで遭遇した「ザ・ワールド」を激写したものです。ガイドさんによると、超絶珍しいとのこと。気になったので、ちょいと調べてみました。

ザ・ワールド(旅客船)

ノルウェー王国のフーセン造船所で2002年に竣工した。 通常のクルーズ客船とは違って、キャビンはレジデンスまたはスタジオと呼ばれ「分譲マンション」のように販売されており、キャビンのオーナーは自宅感覚で居住、自由に乗降できるシステムになっている。

キャビンの購入にあたっては最低でも資産10億円以上が必要である。乗客のプライバシーとセキュリティのため、コースや日程、乗客数などは非公開であり、寄港後も各々がハイヤーで個別に移動するという。就航以来、世界の歴史的文化的都市やリゾート地などを巡る船であり、その行き先はキャビンのオーナーである乗客が「自治会」で決定するとされる。同じ港に2度寄港することは無く、斯様な規則で運航されているとされる。 ただし例外として日本の神戸港には2006年4月(5日間)と2009年9月(3日間)の2度寄港している。

引用元:Wikipedia

一度寄港したところには2度と来ないってルールがスゴイっす。てことは小樽の寄港は初めてであり、おそらくこれが最後。。。もう2度と来ないのですね。しかも、スケジュールが公開されていないということで、遭遇する確立はドラクエのメタルキングより低そうで、超ラッキーでした!

あらゆる情報は秘匿されているんですけど、日本語の公式サイトはあるようでして、部屋のタイプが3つ紹介されています。資産が10億円以上あるビリオネアじゃないと購入すら出来ないようでして、たぶん10億円しか持ってないと、一番狭い部屋とかになっちゃいそうな予感がします。

いったいどんな人が乗っているんでしょうか。ブラックカードのセンチュリオンはデフォルトなのかもしれませんね。ビリオネアでありながらも、生活の多くの時間を船上で過ごせるほどの自由を持っている人って、驚くほど少ないんじゃないかと思います。会社経営者とか投資家なんだと思うんですが、電話とかメールで指示だすだけで済むくらいに仕事がスマート化されているんでしょうね。

ひとつ面白いなと思ったのは、分譲マンションだけに自治会が存在することです。船自体はアメリカのレジデンシー社が運行していますが、行き先は自治会で決めるんですね。まだ行っていない港をビリオネア同士が集結する船上会議で選定するって、凄まじすぎます!

世界各地を訪問することを生活の全てにしたい人にはうってつけな船なので、10億円以上の資産を保有しているのであれば、ぜひ申し込むことをオススメします。満室だと無理ですが。。。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る