このエントリーをはてなブックマークに追加

サバイバルゲームが都心でできる!野外でのサバゲーに飽きたら、アソビバに行こうぜ

survival-game

サバイバルゲームをやってみたいんだけどちょっと敷居が高いな~と思ってた、サバゲー大好きっ子予備軍のみなさんに朗報です。なんと、都心でサバゲーができるスペースが誕生しました。野外戦に飽きてきたヘビーサバゲーマーにもオススメです!

東京サバイバルゲームフィールド ASOBIBA

東京サバイバルゲームフィールド ASOBIBA
引用元:ASOBIBA

株式会社ASOBIBA(代表取締役:小林肇/小谷翔一 、以下ASOBIBA)は、森ビル株式会社が運営する東京都江東区青海のショッピングモール:ヴィーナスフォート内に、サバイバルゲームの魅力を広く発信するアミューズメント施設「ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店」を7月18日(金)よりオープンいたします。

今回の目玉となるサバイバルゲームフィールドは、誰でも気軽にエアガンを使った対戦型ゲームが体験できる初心者用スポーツフィールドとして設計。エアガンで相手を狙い、狙われる非日常のスリルやドキドキ感をシューティングスポーツとして体験することが出来ます。

また施設内には、的を狙って得点を競うシューティングレンジやグッズを販売する物販スペースも併設し、子どもから大人までご来場されるヴィーナスフォートで、サバイバルゲームの魅力・楽しさをより多くの方に伝えてまいります。

施設概要
店名:ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店
住所:東京都江東区青海1-3-15 ヴィーナスフォート3F
オープン日:2014年7月18日(金)
通常営業時間 :11:00~21:00
料金:対戦型ゲーム体験 500円/1回(1ゲーム5~10名程度推奨)

ちっちゃい頃から、コンバットマガジンを読んでたプチミリタリーマニアのくまよむとしてはぜひ行ってみたいホットスポットです。市街戦だけに、グレーの迷彩服を着込んで参戦してみようと思います。

サバイバルゲームのことを知らない人に簡単に解説します。ルールは簡単で、チームに別れ、エアガンで撃ちあいながら、時間内にフラッグを奪えば勝ちです。もちろん、弾が当たったら、離脱します。なので、全滅したら負けが確定します。

サバゲーに参加するときの服装ですが、基本は動きやすければOKです。ASOBIBAでは長袖長ズボン&フルフェイスマスク&グローブを着用することが義務付けられています。なので、最初から迷彩服を用意しなくても全然大丈夫ですし、ASOBIBAではぜんぶレンタルできるようにもなってます。ちなみに装備一式をフルレンタルした場合、一日3500円ポッキリなので、サバイバルゲーム初心者はエアガンを買う前にまずはレンタルで遊んでみることをオススメします。

肝心のフィールドの使い方ですが、自分たちでチームを作って貸しきっちゃうか、あるいはオープン戦が開いている時に参加する方法で遊ぶことができます。いきなり貸しきるのはハードル高めなので、最初はオープン戦に参戦するのがよいと思います。

予約さえすればいつでも参加可能なので、都合のよい日を選んで予約を入れてみてはいかがでしょうか。ちなみに予約状況の確認はこちらからできます。

というわけで、「東京サバイバルゲームフィールドASOBIBA」を紹介しました。サバゲーはかなりディープな世界観だと思ってましたけど、こういうサービスが始まるとスナック感覚でサバゲーに参加することができ、裾野が広がっていくんじゃないでしょうか。ぜひ、遊びに行ってみて下さい!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る