このエントリーをはてなブックマークに追加

宅急便がおトクになる。クロネコヤマトの電子マネーで10%オフ!

クロネコヤマトのクロネコメンバー割

クロネコヤマトではクロネコメンバーズというサービスを提供していて、そこに登録しておくと、不在通知をメールで受け取れたり、再配達や集荷の申し込みができたりします。かなり便利で、くまよむの中の人もアマゾンなんかで買い物する時にお世話になることしばしばなんですが、そのクロネコメンバーズにてこのたび新たな割引サービスがはじまったとのこと。

クロネコメンバー割

「クロネコメンバー割」は、ヤマト運輸の直営店やセールスドライバー訪問時にご利用いただける、ヤマト運輸独自の電子マネーです。「クロネコメンバーズ電子マネーカード」に「クロネコメンバー割」を現金でチャージして、お支払時にご利用いいただくと、割引された宅急便運賃がカードから引き落とされる、お得で便利な決済サービスです。

「クロネコメンバー割」は宅急便本体価格(税抜)から10%割引、「クロネコメンバー割BIG」は15%割引いたします(クールやタイムサービスなどの付加料金には割引が適用されません)。

お客様のライフスタイルに合わせてnanaco・楽天Edy・WAONのいずれかと、ヤマト運輸で利用できる「クロネコメンバー割」の2種類の電子マネーを、1枚の「クロネコメンバーズ電子マネーカード」にチャージできます。複数のカードを持ち歩く必要がなくなるので、便利にご利用いただけます。

要するにクロネコヤマト専用の電子マネーカードを発行してもらって、そこにチャージした分で配達料を払うと10%オフか15%オフになるということです。

オフ率の違いはチャージ金額の違いです。10%オフになる標準サービスの最低チャージ金額は5,000円からですが、15%オフになるBIG割は50,000円からとなります。さすがに配達料を安くするために50,000円を一気にチャージするのは勇気がいりそうですが、5,000円だったらハードルは低めなので気軽にトライできそうです。

Edyなどの他の電子マネーもチャージできる点は便利ですね。財布の中はポイントカードの束でごちゃごちゃになっていることが多いので1枚でも減らせるのは都合がよいです。

気をつけなければいけないのはクロネコヤマトの電子マネーと他の電子マネーは同居できるものの相互にやりとりできるわけではないということと、チャージする場所です。

前者は電子マネー初心者が混同しやすい点です。電子マネーはそれぞれのプラットフォームでのみ使用可能なので、クロネコヤマトの電子マネーが足りないから、Edyに入っている分から融通して!という使い方はできません。

後者はヤマト運輸の直営店に行くか、集荷や配達でやってきたスタッフさんにお願いするしかありません。コンビニでEdyと同じようにチャージできると最高だと思います。

10%オフというのはヤフオクなんかを何度も利用してお小遣い稼ぎをしている人であれば、長い目でみるとかなりおトクな割引といえるのではないでしょうか。クロネコヤマトを頻繁に利用するのであれば、使わない手はないですね。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る