このエントリーをはてなブックマークに追加

映画みたいな予告で話題のガシャポン・消しゴムの一生。今秋発売!

keshigomunoisshou

まるで映画のようなプロモーションで話題沸騰中のガシャポン新シリーズ「消しゴムの一生」が、なんと2014年秋にリリースされるそうです。ガシャポンくらいでなんでそんなに焦らすんだろうと思っちゃうんですが、これも映画のようにふるまうための演出ということにして、適当に楽しんじゃうのが一番です!

消しゴムの一生

映画みたいな予告で話題のガシャポン・消しゴムの一生。今秋発売!
引用元:バンダイ

株式会社バンダイ ベンダー事業部は、「消しゴムの一生」(全8種、1回200円/税込)を自販機専用カプセル商品(ガシャポン®)として、2014年秋に発売します。

本商品は、消しゴムの切ない運命を描き大好評を博しているバンダイオリジナルのWEB動画「消しゴムの一生(4月1日より公式サイトにて公開中)」に登場する消しゴムを1/1サイズでラインナップした商品(全8種)で、いろいろな角度から消して使用することで髪型や輪郭、服装が変化し自由にイメージチェンジを行うことができます(消しゴムの構造に関する日本特許出願中)。

消しゴムとして使い込むたびに、形が変化するという要素は今までにない発想だと思います。自分好みの髪型に変えちゃえば、愛着感もひとしおなのではないでしょうか。

さて、この「消しゴムの一生」ですが、ガシャポンの中身を楽しむ以外に、映画的なストーリーを楽しむこともできるようになっています。2014年5月29日の段階ではすでに2本の映像が公開されています。


なんかアレですね。恋愛映画の予告に、こんなんありますよね。例えば、生田斗真さんと吉高由里子さんの「僕等がいた」とか、同じく生田斗真さんと新垣結衣さんの「ハナミズキ」とか、そんなノリですよね。いいですね~、若いって!

 


んで、こっちが最新の映像です。ホラーなテイストで、ぷっちょ的というか、貞子的というか、いったいどこへ向かおうとしているのか、方向性がよく分からなくなってきてます。一瞬、練り消し化というキーワードが表示されますが、そういうラインナップもおそらく検討中ということなのでしょう。

ちなみに、現在発売が予定されているのは以下のコたちです。

消しゴムの一生 ボーイ
引用元:バンダイ
名前は「ボーイ」。学ラン着ている赤毛の不良?かな。地獄のミサワ的な顔の造形で、顔面のパーツがセンター寄りです。

 

消しゴムの一生 ガール
引用元:バンダイ
このコは「ガール」。パステルカラーがベースで、いかにもガーリーな感じです。ちょっと照れてる感じがキュートです。

 

消しゴムの一生 インテリ
引用元:バンダイ
インテリくんです。たぶんまだ年若いんでしょうけど、すでに七三分けがビチッと決まっています。眉毛も凛々しいですね。なんか、ムカつきますけど。

 

消しゴムの一生 じいさん
引用元:バンダイ
じいさんもいます。かわいい仙人のような風体です。黄色いシャツが妙にかわいらしいです。消しゴムなので頭をこすりまくると、頭が丸くなり照り輝いてくると思います。

 

消しゴムの一生 テンパリ
引用元:バンダイ
テンパリくんです。汗がしたたり落ちています。若手のサラリーマンに多い現象ですね。はやく社会に慣れて、テンパらないようになれるといいですね。

 

消しゴムの一生 ふとっちょ
引用元:バンダイ
ふとっちょくんです。なんか、いいやつそうです。太めの人って、包容力があるように見えてしまうので、自然と安心感が湧いてくるんですよね。

というわけで、ガシャポン「消しゴムの一生」を紹介してみました。単なるガシャポンを映画のようなストーリー仕立てにしてプロモーションしていくというの面白い試みなので、次の映像が待ち遠しくしょうがないです。おそらく、秋の発売にむけて何本か映像が公開されると思うので、定期的にチェックするといいのではないでしょうか。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る