このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を増やす考え方を身に付けるために「お金が貯まるのはどっち!?」を読んでみた

okanegatamarunohadotti

年齢を重ねて、家族を持ったりして、将来のことを真剣に考えようとする時に間違いなくキモとなってくるのはお金です。お金で全てが解決できるわけではないですが、お金で解決できることはお金を持ってさえいれば解決できるわけなので、なるべく多くのお金があるに越したことはありません。

でも、お金を増やすための基礎知識って学校では教えてくれないので、自力でなんとかするしかありません。てなわけで、お金を増やすための手頃な参考書を見つけたので、さっそく読んでみました。

お金が貯まるのはどっち!?/菅井敏之 著

本書は2つの選択肢を提示して、お金が貯まりやすいのはどっちなのかを選ばせる形式で進み、非常に分かりやすくお金が貯まるマインドを解説してくれます。

この手の本にはありがちなんですが、お金が貯まりやすい人の特長をいくつか挙げてくれているので、知らなかった人には新鮮な知識が身に付きますし、知っていた人にはおさらいになります。本書では長財布を使っていたり、字がキレイだったりするとお金が貯まりやすいと述べていますが、この手のことは他の本でも述べられてますよね。

くまよむ的に最もお勉強になったのは、信用金庫の有効性を解説したページでした。都内に住んでると、メガバンクの口座を作り、それをメインバンクとして使っちゃう人がほとんどだと思うんですが、メガバンクはド庶民の個人に対し、親身になってお金の相談にのってくれることはありません。くまよむもいくつかメガバンクの口座を持ってますが、お金の出し入れだけで、お金の相談なんて一度もしたことないです。

一方で信用金庫は地域密着型なので、個人に対しても親身になって相談にのってくれるんだそうです。500万円~1000万円ほどの貯金をしているだけで担当者がついてくれるらしく、簡単にいつでもお金のプロに相談できる環境を作れます。最近は書籍やネットの情報が溢れており、お金に関する様々な知識を手軽に得ることができますが、なんだかんだでプロに聞くのが最も手っ取り早く、かつ確実です。おまけに相談は無料ですしね。こういうのはメガバンクではまず期待できません

信用金庫に相談することで、お金をアグレッシブに増やし、増やしたお金をディフェンシブに維持することができるようになります。くまよむは信用金庫の口座を持っていなかったので、さっそく口座を作ろうと思います。もちろん、メインバンクに預けているお金を移動させるつもりです。

というわけで、「お金が貯まるのはどっち!?」を紹介してみました。今まで、メガバンクばかり使っていて、お金に関する相談を誰にもしたことがない人は本書を読んで、信用金庫の重要性を学んでみてください。絶対に役立つと思いますよ!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る