このエントリーをはてなブックマークに追加

ウソ、おおげさ、まぎらわしい。。。お医者さんが選んだ今年の漢字一文字が発表されたッ!!

nise

今年一年いろんなことがありましたが、あらゆる番組やサイトで振り返り特集なんぞ組まれておりまして、その中でも常にツートップを飾るのが、STAP細胞を引っさげて世界デビューを果たした小保方晴子と号泣会見でおなじみ野々村竜太郎です。

この二名だけはどの特集を見ても、完全に別格扱いというか、世界の2大珍獣を見るような感じで取りあげられていますね。さもありなんというか、自分で撒いた種を一生懸命育ててしまった結果なので、今後も懺悔の気持ちを持って、残された余生をせいぜい人の邪魔にならないように生きてもらいたいものです。

さて、そんな中、お医者さんによってセレクトされた今年の漢字一文字が発表されました。漢検が発表するよりも前に発表するあたり、なにか狙っているような気がしてなりません。

2014年 医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」

2014年 医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」
引用元:MedPeer

医師専用サイトMedPeer 調査結果:「2014年 医師が選ぶ漢字」(総回答:2,784人)
【漢字】/【回答者数】/【比率】 /【主な選出理由】
1位:偽/230/8.3%/STAP細胞や臨床研究などでの論文データの「偽り」から
2位:嘘/122/4.4%/STAP細胞や臨床研究などの騒動における「ウソ」から
3位:税/99/3.6%/消費税率の引き上げや再増税の延期があったことから
4位:忍/82/2.9%/医療界の厳しい環境に耐え忍ぶ気持ちから
5位:熱/75/2.7%/デング熱・エボラ出血熱の流行から
5位:疑/75/2.7%/STAP細胞や臨床研究などへの疑惑・疑念から

くまよむは、勝手に漢検の今年の漢字一文字は「嘘」やろなぁと思ってたんですが、専門家的には「偽」のほうが「嘘」よりも倍くらい支持されていたのですね。確かに、嘘だと佐村河内守や水泳の冨田選手とかも入ってきますからね。そういう意味では小保方晴子をメインに考えていくと、「偽」になっちゃうのでしょう。

それにしても、1位~5位までを眺めると、偽と嘘のツートップがどちらもSTAP細胞に関連しており、その影響は5位の「疑」にまで及び始末。関係各所にどれほどの迷惑をかけたのかがよく分かる順位の結果かと思います。

ほんとからいえば、深刻度の高さから考えて、「熱」という字がもっと上位にきてもおかしくないんですが、デング熱くん&エボラ出血熱くんの努力の甲斐もなく、二人は小保方晴子に敗れ去ったのでありました。おそるべし、小保方晴子。。。

ちなみに、5位~10位までの順位とセレクト理由は以下にまとまってます。

2014年 医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」
引用元:MedPeer
2014年も残り少ないので、これ以上のむごたらしい事件は起きてほしくないんですが、今年は世にも恐ろしいDQNな人材の豊作の年だったので、まだ油断は禁物です。最近では「しぇしぇしぇのしぇ~」も出現したばかりですし、究極の逸材がいつ出現してきてもおかしくない状況です。

医師たちの思いが通じるかどうかはまったくもって不明ですが、漢検による今年の漢字一文字はどのようなものになるのでしょうか。。。今から待ち遠しくてたまりません。くまよむ的にはさきほど述べたように「嘘」を猛プッシュしていく予定でおります。

はてさて、小保方晴子は今頃何しているのかなぁ。悪いことって、できませんねぇ。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る