このエントリーをはてなブックマークに追加

オレは亀をやめるぞ!ジョジョーーッ!!ガシャポン新シリーズ「あいつ、亀やめるってよ」が発売される

aitsu-kameyamerutteyo-gasha

「オレは人間をやめるぞ!ジョジョーーッ!!」と叫んで、石仮面を被ったのはディオ・ブランドーですが、2014年7月下旬、ガシャポンの新シリーズでただの亀が亀をやめるという前代未聞の事態が起きることとなりました。

あいつ、亀やめるってよ

あいつ、亀やめるってよ
引用元:バンダイ

株式会社バンダイ ベンダー事業部は、「あいつ、亀やめるってよ」(全6種、1回200円/税込)を自販機専用カプセル商品(ガシャポン®)として、2014年7月28日より順次発売します。

本商品は、亀をモチーフとしたPVC・ABS(プラスチック)製のフィギュアです。甲羅の模様や手、顔、腹部にはデジタル印刷等の最新技術を駆使し、本物の亀さながらのクオリティに仕上げました。また、足の部分をつかむと、亀が甲羅から勢いよく飛び出すという前代未聞のギミックを搭載し、亀が亀をやめるという衝撃の仕様となっています。

ラインナップは「ミドリガメ」、「セマルハコガメ」、「ゼニガメ」、「アオウミガメ」、「タイマイ」、「アカウミガメ」の全6種です。いずれの亀も水着を着用しており、たくさん集めて違う甲羅と色の組み合わせるなど、カスタマイズもお楽しみいただけます。

なんか、昔なつかしい「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」を彷彿とさせるプロモーションビデオですね。垢抜けているのか垢抜けていないのか、まったく分からない仕上がりです。こういう全力でフザケている感じは大好物なので、まったく問題ありませんが。。。

今回のガシャポンは亀をやめるというコンセプトを甲羅を脱ぎ捨てるという行為で具現化しているわけですが、なんと!脱ぎ捨てる際に勢い良く本体が飛び出すというステキな仕様になっています。新しい人生の門出を祝うにはぴったりの仕様といえます。

しかも、飛び出した後の姿がゴイスーでして、驚くことに二足歩行が出来そうな足とシャレオツな海パンが備わっています。亀が亀をやめて、少しづつ人間に近づいているということなのかもしれませんが、上半身は依然として亀のままなので、グロテスク以外のなにものでもありません。

それでは亀クンたちをつぶさに観察していきたいと思います。

ミドリガメ
引用元:バンダイ
ミドリガメくんです。おそらくコイツが主人公というか不動のセンターというか、そんな役どころだと思われます。赤い海パン履いてますしね。ミドリガメって、めっちゃキュートな印象があるんですけど、フィギュアにするとなんとなくリアル過ぎて、キュートさがなくなっているんジャマイカ。

 

セマルハコガメ
引用元:バンダイ
セマルハコガメくんです。恥ずかしながら、セマルハコガメという亀の存在を今の今まで知りませんでした。日本では石垣島や西表島なんかに生息しているそうです。ミドリガメくんよりこっちのカラーリングのほうがツチノコっぽくて(ツチノコを見たことはありませんが)キュートな気がします。ちなみに水着は鶴の柄になっています。「鶴は千年、亀は万年」の言葉を地で行く感じですが、少なくとも水着の方は1000年もの耐久性はないと思われます。

 

ゼニガメ
引用元:バンダイ
ゼニガメくんです。ミドリガメくん同様に日本ではポピュラーな亀です。でも、ミドリガメくんよりミドリ度が高いというか濃ゆいというか、こんな色した草まんじゅうとかあるよね。ちなみに水着はウサギさん柄で、やたらカワイイです。

 

アオウミガメ
引用元:バンダイ
アオウミガメくんです。これまでの3種は淡水に生息する亀でしたけど、このコからは海に生息する亀になります。ウミガメらしく立派な前脚(ヒレっぽいですが、正真正銘の脚なんです)です。大海を悠々と泳いでいたものと推測されますが、なにがどうなって亀をやめたくなってしまったのでしょうか。甚だ疑問です。水着はどんなんかというと、シマシマ柄です。もう少しヒネリが欲しかったですね。

 

アカウミガメ
引用元:バンダイ
アカウミガメくんです。その名の通り、カラダも甲羅も赤い感じです。こんなステキなカラーリングのウミガメがいるんですね。全然知りませんでした。ちなみに水着はショッキングピンクなビキニです。どんどん、迷走している感じですね~。

 

タイマイ
引用元:バンダイ
最後にタイマイくんです。名前は聞いたことあるんですが、よく知らなかったので調べてみました。日本だと、石垣島とか黒島なんかにいるそうです。ちなみにタイマイくんの肉には毒性があるようでして、食べると死んじゃうかもしれないとのこと。みなさん、気をつけましょうね!んで、肝心の水着の柄はなんと!亀そのもの!亀をやめたはいいものの、どこかで亀に対する未練のようなものがあったんでしょうか。

というわかで、バンダイのガシャポン新シリーズ「あいつ、亀やめるってよ」を紹介しました。無類の亀好きの方、亀が亀をやめるということに興味を持たれた方はぜひ収集してみてはいかがでしょうか。きっと、ここしばらく味わったことのないようなシュール感を味わえると思います。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

    None Found

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る